株式会社コンピューターサイエンス 株式会社コンピューターサイエンス

ホーム > 先輩社員の声

採用情報

RECRUITING INTRODUCTION

採用情報

INTERVIEW / 先輩社員の声

黒木 諒 黒木 諒

未経験から、
プログラミングの世界へ。

2016年入社
技術部/社内システム担当
黒木 諒
得意の数学を武器に活躍したい。

最近では数学のノウハウが必要とされる仕事を任されることも増えてきました。データの解析を行ったり、数式が出てくる論文を読み解いて各社員に共有したりしています。

3年目からは新しい計算方法を用いたプログラムを開発するという社外プロジェクトのメンバーにも選ばれました。大学の教授と数学やプログラミングに関して議論をする機会もあるので、日々刺激とやりがいを感じています。

風景
未経験だからこそ、丁寧に教えてくれる。

大学院では数学を専攻していたので、プログラミングについてはほぼ初心者。河川やダムなど土木に関する知識も全くありませんでした。だからこそ、入社後の研修ではみっちりと教えてもらいましたね。

先輩たちも「なんでも聞いて」と言ってくださる方ばかりなので、懲りずに何度も質問をさせていただきました。一人で仕事を回せるようになった今でも、わからないことは先輩たちに相談するようにしています。

風景
黒木さんの一日 黒木さんの一日
宗 晃良 宗 晃良

仲間の支えがあるから、
成長できる。

2016年入社
技術部/社内システム担当
宗 晃良
巨大河川をやりきった喜びが、
今でも励みに。

今までで一番嬉しかったのは大きな河川の仕事を一人でやりきったときです。河川は大きいと支流が多く流域も広いので、より多くの条件を想定しシステムを構築しなければなりません。

大事な仕事を任されたというプレッシャーを感じましたが「とにかくやりきる」という一心で何度も先輩たちに相談しながら進めていきました。結果的には取引先の方が喜んでくださったので、今でも自信につながっています。

風景
社員主体の会社、若手も気軽に発言できる。

現在、社員数は6名。少人数なので社員同士の仲も良好です。会議や仕事中は疑問があれば若手社員でも気軽に発言できますし、昼休みは趣味やプライベートの話で盛り上がることもあります。

さらに、毎年春には社員旅行もあるんです!北海道や和歌山など、行き先は社員みんなで話し合って決めています。入社一年目の頃はこの旅行の幹事を任されてなにかと大変でしたが、おかげで先輩たちと話す機会も増えました。

風景
宗さんの一日 宗さんの一日